谷歯科クリニック(大田区 中央 最寄駅:池上駅・大森駅)

当院のご案内

谷歯科クリニックのポリシー

一生モノが噛めて食べられるようになるそれに勝ることはありません。自信を持って人と話ができる人と交流できる。躊躇なく大きく口をあけて笑える。

さて実際はどうかといいますと
むし歯が痛くなったり、歯がかけたりつめ物が取れたりで駆け込んでいらっしゃる切羽詰まった患者さんがほとんどです。

実際は切羽詰まった患者さんがほとんどです。

むし歯だったらその部分を削って治療して補綴する。
とれたつめ物は使えればつける。
使えなければ新たに型をとって詰めなおす。

ここまでは治療とは言いますが「靴修理」のようなもので治しているではなく直しているだけです。

そうして来院していただく大人のほとんどの方に
軽い歯肉炎と呼ばれるものから重い歯槽膿漏と呼ばれるものの歯茎にかかわる総合して

歯周病

という疾患が見つかります。

見つかったというのが第一歩なのですから、
早速に自覚して治そうとしていただければよいのですが、

痛い部分が痛くなくなったらおしまい、見える部分のかっこが整ったらおしまい

という方も多くいらっしゃいます。
歯なんてものは一生あると思ってらっしゃるのですね、若ければ当然です。

そういう行ったり来たりを繰り返してすっかり歯を失くされてしまう。

非常に残念なことです。

行ったり来たりを繰り返してすっかり歯を失くされてしまう。

初期であれば歯垢をクリーニングしブラッシングを自分でできるようにすれば治っていきますが
腫れや出血があるようだと何度も歯茎の治療のために通い、ブラッシング指導のために時間を費やし
一体いつまで通えばいいのだろうと思うのかもしれません。

仕事もあるのに。。子育てが忙しいのに。毎回治療費もかさむのに。

でもいったん健全なお口の状態になれば不快感も口臭も無くなりその状態の維持も定期的な来院でのメンテナンスで可能になります。

定期的な来院でのメンテナンス

さらにはより美しい歯、口腔環境を保つというご自身の意識が持てるようになれば楽しく豊かな毎日を過ごせるようになるでしょう。

来院されたのも何かの縁です。体と心の元気を持ち続けるお手伝いをさせてください。そのようになって初めて「治す」ことができたと私たちは考えます。

院長 谷 政澄 プロフィール

院長 谷 政澄

1982年
東京医科歯科大学 歯学部卒業
1982年
東京医科歯科大学第二口腔外科教室(現東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科口腔機能再構築学系口腔機能再建学講座顎口腔外科学分野)大学院入局
1986年3月
東京医科歯科大学歯学部歯学博士号取得
1988年
谷歯科クリニック開設 現在に至る
東京医科歯科大学 非常勤講師
池上第二小学校 校医
大森赤十字病院 登録医
所属学会
日本口腔外科学会専門医
日本審美歯科学会会員
日本口腔科学会会員
趣味
ランニング、テニス

院内ギャラリー

  • 外観
  • 待合室
  • v 受付
  • 診療室
  • チェアユニット
  • カウンセリングコーナー

受付脇の人工クラゲ水槽

受付脇の水槽のクラゲは実は生き物ではなく、人工クラゲというアートインテリアです。まるで生きてるかのような不思議な動きで診療前のナーバスな気持ちをリラックスさせてくれます。

人工クラゲの詳細はこちら
想芸館 http://huyuu.com/